How much you wanna risk?

夢はリゾートをつくること。

従業員は気付けない「お店」の空間的落とし穴

先日の休みにとあるカフェに行ってきました。

僕の持つ2つのブログの整備などをしたかったので、そのカフェで4,5時間の作業をする予定でした。

 

そのカフェは駅から離れた場所にあり、僕が行った16時ごろは他にお客さんはいませんでした。

f:id:hoomz_kohei:20240301151028j:image

電源カフェとネットに書いてあったので訪れたのですが、実際は電源カフェと呼べるものではありませんでした。

壁についてコンセントが使えるだけで、机にコンセントがあるわけではありません。

 

ただ、今回お話ししたい「落とし穴」はここではなく、下記の二つです。

①床ががたがた

➁ペットOK

 

◆床がガタガタ

 

このカフェの床は木製で、年季も入っていました。
空間的にはおしゃれに見えるのですが、おしゃれと実用性は共存させないといけません。

f:id:hoomz_kohei:20240301151037j:image

この木製の床は、店員の方が踏む度にその近くのテーブルが揺れます。

踏んだ床がきしみ、同じ板の上にあるテーブルにも揺れが伝わるのが理由です。

 

これには、店員の方は全く気付いていませんでした。

自分が席に座った状態で、きしむ床を踏まれるという状況の経験が少ないので、気づくのは難しいはずです。

#椅子に座るのはお客さん

 

ただ、作業をしている僕にとってはかなりの不快で、作業への影響も少なくありません。

パソコンを触りたいのに、人が通るたびにテーブルが揺れるのだから当然のことです。

 

これに気づくのは自分が椅子に座るしかありません。
時にはお客さんの行動を疑似体験してみることも大切なのだと学ぶことが出来ました。

 

◆ペットOK

 

これは僕のリサーチ不足と言えばそこまでなのですが、このお店はペットOKでした。

 

作業カフェとしてもネットに上がっていることに加え、夜はレストランとしても営業しているカフェがペットOKでした。

ペットOKの良し悪しは判断できないですが、OKにするならその情報が広く伝わっている必要があると思います。

 

ペットを飼っていない人からしたら、ペットの毛が食事中に舞うことが気になるかもしれません。
事前にわかっていたらその店を選んでなかったかもしれません。

 

事前に知られたら集客が減ると思うならペットOKにはしないべきですし、お店に来てからペットOKという事を知り満足度が下がるのなら、これはこれでペットOKにするべきではないです。

 

ペットOKにすることで来ることになる客層もいるので、戦略としてどうこう言うことは無いですが、OKにするならそれなりの対策と告知が必要だなと感じました。

これまたいい勉強。

 

コーヒーは美味しかったです☕︎

それでは、良いペットレストランライフを!

#ペットカフェ #空間 #もったいない空間 #残念な空間

動物的思考から「快適な空間」を紐解いていく

快適な空間、心地よい空間はどういう場所か?

 

・広い空間

・いい匂いのする空間

・植物の多い空間

 

といった様に「思考」から考えることが多いですが、色々な空間に行ってみて「快適な空間」を見つけ、見つけてから「なぜこの空間は快適なのか?」を考えるという順序で考えてみる!というのが今回のタイトルの内容です。

 

リラックスできる空間を考えて、その空間を分析してみると、

•無意識のうちに安心できる
温度、湿度が最適
床が安定している
落下しそうな視界でない
自分のタイミングでその空間から出られる(×観覧車)
 
•自分が優位な状況
見られるよりも自分が見れる
扉が付いている
鍵がついてる
遮音機能がある
 
•パーソナルスペースがある
共用テーブルではない
鍵付きのロッカーがある
集中の邪魔になる程話しかけてくる人がいない

 

快適な空間と感じた場所をストックし、その要素を抽出し蓄えておくことが、空間を作ることに役立つと思います。

行く空間はどこでもいいので、これからいろいろ行ってみようと思いますが、歩き回って確かめやすい場所がいいなと思います。

 

カフェに行って歩き回ったり座ったりしていたら”変な人”担ってしまい集中できないので、美術館のような場所の方が探しやすい気がします。

 

また、「家」も「快適な場所」を探すには最適で、自分の家や友達の家などで、動物的に快適だと感じる空間を見つけたいと思います。

第一弾はもちろん自分の家で、僕が一番心地よく感じた場所は「キッチン前の空間」でした。

 



居心地の良い場所
キッチンに置いた椅子
•空間の中心に位置するのでどこにでも行きやすい
•食べたり飲んだりしながら作業できる
•勉強のエリアと離れたイメージがある
勉強できる場所ではない
•照明が明るすぎない
•足を伸ばせるスペースがある

 

これらが僕がキッチンがリラックスできると感じた、要素です。

これは限られた空間の限られたスペースなので、もっと様々な空間をこの視点で見て行かないとですね。。

 

美術館に行こっと!

あ、今度新幹線に乗るからそこで考えてみても面白そうだな、

 

それでは、良い動物的視点ライフを!

 

#快適な空間 #リラックス空間 #本能 #情動

 

ジムwithテーピング

先日の記事で「もう予約をしてしまって、行かざるを得ない状況にしよう」と書きましたが、その作戦にまんまと引っかかり現在ジムの前です。

1ヶ月くらい空いてしまったのですが、復活。

ただ、数日前に首を寝違えてしまったのがすごーーしだけ残っているので、今日は首にテーピングをすこーーしだけ貼りました。

ジムに行った後は仕事に行く予定ですが、ジムの時間に家を出て仕事に間に合うように行くのがこれまた難しい。

電車の時間なんかを考えながら少し早めに出るしかないですね。
タクシーを使っていたら本末転倒なので、本命ではない少し早めの時間帯のトレーニングを予約しました。

◆急に暑い

皆さんお感じかもしれませんが、急に暑くなりませんでしたか?
ジムのウェアの上に薄めのダウンを羽織っていたのですが、汗が出るくらい暑かったです。

今年はダウンをクリーニングに出して来年に備えようと思います。

今日のジムは少し早めに終わるので、職場に着いたら仕事の前に「インテリアコーディネーター」の資格について少し調べます。

今年受けるべきかどうするべきか。
なんか、色々悩んでるな〜

とりあえずできることをやっていこうと思います。

それでは、良い久しぶりのジムライフを!

 、
 、
 、

ジムに行ってきました。
久しぶりのトレーニング×激しすぎたということで体調が悪くなるくらいになってしまいました。。(笑)

トレーナーがいてトレーニングするとなるとなかなか自分のペースに合わせることが難しく、仕事に支障が出るくらいになっちゃいました。
なんか脱水症状みたいになった。

定期的に運動できていなかったのが悪いのですが、無理のし過ぎで続かないのも良くありません。
もう少し考えてトレーニングをしていこうと思います。。。
#変なブログになちゃった

#ジム #テーピング #インテリアコーディネーター #予約

決戦は日曜日!フルムーンパーティに集まる5万人

今回のタイでの卒業旅行において、一番楽しみにしていたイベントが本日開催の『フルムーンパーティー』です。

これは、“世界三大フルムーンレイブパーティー”のひとつと言われ、毎月約3万人〜5万人の人々が世界中から集まる奇祭です。

 

蛍光色のタンクトップやTシャツに身を包み、発光塗料でフェイス&ボディーペイントをした来場者が多く、ビーチ沿いはパーティームード一色!
バケツにリキュールと割ものを入れてストローで飲む「バケツカクテル」もフルムーンパーティーの名物です。

 

f:id:hoomz_kohei:20240227025752j:image

 

もちろん男たちも蛍光色のタンクトップ×蛍光ペイントでパーティーに挑むわけですが、なんだか映えています。カッコよく見えます。

 

もう海外で飲んで、ビーチで大音量音楽が流れているだけで気分上々なのですが、さらに気持ちよくさせくれるのが炎の縄跳びです。

縄に火をつけ、ニヤニヤした屈強な男が「お前来ないの?」という顔をしながら参加者を見つめます。

 

f:id:hoomz_kohei:20240227025801j:image

 

そんな顔で見られたら我慢できない男たちは、我こそがと炎の縄跳びの中に入ります。

肩で風を切った男の行動とは思えないくらい高いジャンプを見せた男たち。

#ビビってる

たしかに、入るだけで火傷しそうなくらいアツアツです。

 

その中でも一番高く飛び過ぎた「ありったけの指輪装着唇プルンプルン君」のジャンプ力は、驚異的でした。身長の倍ほど飛んだ彼は、ありったけの指輪を無くしたそうです。。

ま、思わぬ身体能力を見せてくれました。

 

しかし、このパーティーで輝きを見せたのは、眉毛整え君です。持ち前の写真力で、次々と色々な人との写真を撮っていきます。

 

f:id:hoomz_kohei:20240227025815j:image

 

これにライバル心を燃やしたのが、ミャンマー男。こだわりの右手持ち自撮りで、こだわりの顔の角度からたくさんの写真撮影を試みます。

彼は英語も堪能で、「yeah」「oh..」「wow」を言わせたら、彼の右に出る者はいません。

#堪能

 

◆一つの事件

 

f:id:hoomz_kohei:20240227025824j:image

 

これだけ大規模なパーティーで全員が無事なはずがありません。数人が酒に負けることは想像していました。

一番のトラブルは、肌質6年間同じ君の携帯水没トラブルです。あれほど防水を売りに出しているIPhoneがまさかの水没。信じられません。
#何をしたんだ

 

さらに不幸は続きます。
なんと、彼は一人で帰国する予定になっていたのです。タイでの卒業旅行後は、次の国に行くメンバーや帰国するメンバーなど様々。

その中で、彼は次の予定の関係で帰国が決まっていました。

水没した使えない携帯をもって、一人で帰国するのはかなり不安なはずです。。
#英語は話せません

#でもエンジンには強いです

#そろそろタイを出れるらしい

 

◆パーティー後の僕達

 

パーティーは最高に盛り上がった分、疲れもドバっと訪れました。

各々が、力の限りでたどり着けた気持ちよいソファーで休息を取ります。

 

f:id:hoomz_kohei:20240227025833j:image

 

明日は、タイを出て上海のディズニーへ。
やっぱり、社会人には厳しい卒業旅行スケジュールでしたね。(笑)

 

胃腸が弱い僕からしたら、タイ旅行を全員健康状態で完了させられたことが感動的で、6年前の自分のタイでのバックパッカーを思い出します。

到着二日目から最終日までおなかを壊していた僕は、飲みの場で話せる「飲みの場で話してはいけないトークネタ」をいくつもゲットしました。

 

ま、そんなことはともあれ、大学院卒業おめでとう!といった感じです。

次は社会人のステージで少しだけ先に行って待ってます。

それでは、良い上海ディズニーライフを!

 

#フルムーンパーティ #上海ディズニー #体調不良 #コミュニケーション力

 

最終目的地に向けた大移動🚙謎の失踪

今日のメインは移動です。
明日行われるフルムーンパーティーに向けて、近くの宿まで移動します。

 

フルムーンパーティーというのは、タイで毎月満月の夜に行われるパーティーのことで、酒アリ、火縄跳びアリのビッグイベントです。

毎月これだけの為に数万人の人が集まる為、近くの宿はすぐに満室に。僕たちがホテルを探していた頃には近くの宿はすべて埋まっていました。

 

f:id:hoomz_kohei:20240225023853j:image

 

今日の目的地は、このパーティーが行われる島に近いドンサックという街です。
プーケットを出発して、スラターニーという土地を経由し、目的地のドンサックを目指します。

 

移動のメインはバスなのですが、これが意外ときつい。日本と違い綺麗に舗装された道ではないので、地面の凸凹がちゃんと腰に響きます。

そんなことを言っていても仕方ないだろ!という顔をしていた男がいたので、「かっこいいなぁ」と思っていたのですが、どう見ても他のメンバーと姿勢が違います。

 

f:id:hoomz_kohei:20240225023917j:image

 

このVIP席を獲得したのはズボンダボダボ君です。
ただ、今日はVIP席にいることをバレにくくするためでしょうか。迷彩のズボンを履きサングラスをかけ、他の人の会話に「フッ、、」と返すだけにとどめることにより、存在を完全に隠していました。

 

そういえば、一つ忘れてはいけないことが、、、

 

昨日はプーケット最終日という事で、夜の街に出ました。お酒も飲みます。

すると、夜中に「肩幅広い君どこ??」というLINEがいくつも入ります。彼はタイという土地で迷子になりました。

f:id:hoomz_kohei:20240225023927j:image

皆で必死に探していたら彼から「お騒がせしました。」という返信が入り、一件落着。

 

ただ、飲み屋街に探しに行く移動にもお金がかかります。彼はその費用を下記の様に請求されていました。

「探しに行くまでの食費400バーツ払ってな」

「ホテル往復に掛ったSIMカード費払ってな」

#彼にお金がない理由が分かりました

 

◆出発

 

時系列は少し戻りますが、プーケットを出発する前の会話は、

「時間通りにホテル出れる人いる?」です。

日本を出発するときに、起きたらLINEを入れるシステムが必要だった理由がここで明らかになりました。

時間にルーズな奴がとにかく多いのです。社会人になってから苦労することでしょう。。

 

f:id:hoomz_kohei:20240225023936j:image

 

出発前にプーケットで出来たことは、マッサージに行くことです。

タイでマッサージの誘いが出たら、その誘いを断る理由はありません。とにかく安いですからね。

 

他の日と比べると少し落ち着いた一日でしたが、体力回復に努めたと考えればいい一日でした。

明日の船にも遅れないようにしないと、、

 

それでは、よいフェリーライフを!

 

プーケット #移動日 #フルムーンパーティー #スラタニ #食費

タイの沈没船。今日は海の一日だ!

昨日はプールという楽しみ方をしたので、今日は海に行きます。

日本とは異なる気温と景色が嫌でも僕たちの感情を高めてくれます。

 

キューバダイビングのライセンスを持っている3人は、この日の為にライセンスを取ったのだ!と意気込み海に潜りに行くのですが、その海が綺麗のなんの。

 

f:id:hoomz_kohei:20240224020851j:image

 

ダイビングポイントまでの景色も最高ですが、何といっても潜った海の透明度がヤバい。

こんな景色が当たり前に見れるのだから、海外旅行はやめられません。

このポイントを選んだ理由は、そこに沈没船があるからで、「海」×「沈没船」はいつまでたっても僕たちの心をワクワクさせてくれます。

 

f:id:hoomz_kohei:20240224020859j:image

 

彼らが潜りながら考えていたことは、海を堪能することに加え、いかに面白くて映える写真を撮れるか。彼らの頭には、3日後のInstagramの投稿があったに違いありません。

 

5年前にInstagramで良く見た広告くらい短い水着を履いた彼は、美脚の肩幅広い君。

f:id:hoomz_kohei:20240224020915j:image

 

船酔いのような寝方で昨日までの筋肉が全て飛んで行った彼は、眉毛整え君。

f:id:hoomz_kohei:20240224020932j:image

 

サングラスが合成の様に見える旗の先端を触った彼は、胃腸激強君。

f:id:hoomz_kohei:20240224020906j:image

 

今日の話題は彼ら三人がかっさらっていきました。

 

彼らがスキューバダイビングをしている間の他のメンバーはと言うと、、

全員サングラスをかけて砂浜を謳歌します。

 

f:id:hoomz_kohei:20240224021028j:image

 

5秒に一回くらい「いやー気持ちいな~」と必要以上に舌を巻きながら発する彼らからは、「俺も潜りたい、、」というさわやかな憧れを感じます。

#可愛い

 

◆夜

 

彼らの一日は今日も夜がメインです。

昨日の屋台街を気に入ったのでしょう。今日も同じ街に繰り出します。

 

海に入ってから外に出るので、シャワーに入りたいな~という男たち。

相場は30分後くらいに集合だと思うのですが、女性気質な肩幅広い君は2時間後の集合を提案します。

#立ちしょんを座ってする男

 

その時間を30分縮められてしまいましたが、まぁ何とか全員集合です。

 

f:id:hoomz_kohei:20240224021041j:image

 

タバコの火の向きを反対にするポーズで写真を撮った肌質6年間同じ君は、付けていた海より青いサングラスを外し、満足そうです。

#可愛い

 

タイの風を肩で切りながら食べて飲んで、そろそろお金の心配が出てくる頃ですね。。

 

服もそろそろ少なくなってきて、ここからはオシャレよりも利便性が重要視されていきます。

 

f:id:hoomz_kohei:20240224021206j:image

 

その証拠に半分くらいがサッカーのユニフォームを着ていました。

あれは利便性バツグン。

 

メインイベントのフルムーンパーティーに向けての移動が明日くらいから始まりますが、ここまでプーケットをメインとしたタイを堪能できました。

明日かな?明後日かな?

フルムーンパーティーで何人が生き残るのかが楽しみです。

 

それでは、良いスキューバダイビングライフを!

 

#スキューバダイビング #プーケット #フルムーン #沈没船

プーケットで「波」と「客引き」に捕まる一日

今日は飛行機で移動してプーケットです。

プーケットはタイでも人気のリゾート地で、海!ビーチ!といった感じの場所です。

そんな場所にいるにもかかわらずいった場所は「プール」。贅沢な遊び方をします。

 

タイのプールはアトラクションも規格外で、人工的に作られる波が大きいのなんの。人間がどう頑張っても勝てないくらいの波に見事に流された男たちは、見事にプールの藻屑と化しました。

 

f:id:hoomz_kohei:20240223023304j:image

 

このプール一の絶叫スライダーはほぼ90度の状態からスタートするアレです。

スタートの位置で扉を閉められるのも恐怖感が増す一つの要因で、床が抜けた瞬間は「あ、これが死ぬ時の感覚か、、」と思わせてくれます。

 

f:id:hoomz_kohei:20240223023314j:image

 

以前バンジージャンプを飛んだ時も同じ感覚になったのですが、自由落下の瞬間は総じてそのように感じるはずです。

昨日までは筋肉を際立たせて写真を撮っていた筋トレエアリズム君も、この時は腹筋に力を入れられなかったようで、ちゃんとジューシーなお腹が出ています。

 

こんなスピードなのだから脂肪くらい置き去りにしてくれればいいのですが、脂肪の落下速度も人間と同じらしく、スライダーから出た瞬間のだらしない顔と一緒に落ちてきました。

これくらいのスピードでは無理ですね。。

 

◆夜

 

毎日昼スタートなこともあり、彼らは夜に元気になります。

プールに入ったので多少の体力は奪われましたが、まだまだ25歳の成人男性。体力には自信があります。

 

夜は繁華街に出たのですが、なぜかいつも一名だけ客引きに呼び止められます。その彼の名前はズボンダボダボ君なのですが、浮かれたほっぺたと浮かれたTシャツとだぼだぼなズボンが嫌にマッチしていました。

 

f:id:hoomz_kohei:20240223023326j:image

 

この客引きも手練れで、何人のお客さんを掴んできたのでしょう。右手と左手を逆手にした、内村航平の平行棒を思わせるようなグリッピングです。

居酒屋でお好み焼きをひっくり返していただけの彼の右手では成す術もありません。

 

f:id:hoomz_kohei:20240223023331j:image

 

そういえば、海には安いインスタグラマーがいました。

先日タトゥーを入れた腕が完全に隠れた写真の撮り方をする素人二人のコンビ名は「モテないイケメン」で、写真写りが悪い理由が分かりました。

#画角に難あり

#昨日のありったけの指輪付けてきた君よりはモテるかも

 

f:id:hoomz_kohei:20240223023342j:image

 

水着姿で撮った写真はやっぱり卒業旅行のソレで、肩アーロン耳ゾロ君は6年間同じ水着を履いていました。

大学6年間車に時間を投資してきた彼の持つズボンは、つなぎの作業着とこの水着だけなので、いささか責める気にもなりませんね。。

 

明日は、ミャンマーに仕事で行っていたトランジット2時間は短いの分かってたやろ君が登場するみたいです。明日にはこの名前も変わってそうですが、彼がどのように風を巻き起こすかが楽しみです。

 

それでは、良いプーケットライフを!

 

#健康第一 #卒業旅行 #プーケット #フルムーンパーティー

いつか来るたるリゾートホテル完成までの道のりを、読者になってブログを読むことで応援して頂けると嬉しいです!